Loading...

ヤッホーブルーイング

ビールに味を!人生に幸せを!

お知らせNEWS

ミッションMISSION

ビールに味を!人生に幸せを!

クラフトビールを通じて日本のビール文化を変えたい。

画一的な味しかしなかった日本のビール市場にバラエティを提供し、新たなビール文化を創出することでビールファンにささやかな幸せをお届けしたい。
それがヤッホーブルーイングのミッションです。

ビールPRODUCTS


かおり舞う舞うよなよなエール

オンラインのお店「よなよなの里」ONLINE SHOP

ヤッホーブルーイングのスタッフが遊び心たっぷりに運営する公式オンラインショップ。
ビール、オリジナルグッズの販売はもちろん、ファンイベント・醸造所見学ツアー情報も公開中。

公式ビアバル「YONA YONA BEER WORKS」YONA YONA BEER WORKS

よなよなエール公式ビアバルです。現在、東京都内に4店舗(赤坂・神田・表参道・吉祥寺)。「よなよなエール」や「水曜日のネコ」等の定番ビールはもちろん、限定醸造ビールも味わえます。10種類以上のオリジナルソーセージやローストチキンと一緒にマリアージュもお楽しみください。

YONA YONA BEER WORKSへ

ストーリーSTORY

  • 始まりは海外のパブで出会ったビール。

    ヤッホーブルーイングの始まりは、
    創業者が海外に留学していたころ、
    パブで何気なく注文したビールとの出会いから。
    日本ではなじみのないビールを一口飲んだ瞬間、
    彼は言葉を失いました

    「・・・!!(う、うまい!)」

    深い味わいを予感させる琥珀色、
    グラス一杯に躍るクリーミーな泡、
    放たれる香り、口に広がる華やかな味わい、
    グビッといった後にも残る深いコク・・・。

    これは本当にビールなのか?

  • 『ビールらしき』
    酒は今までのものとは全く違った・・・

    日本でビールといえば、
    のどごし、苦味、爽快感のある渇きを潤すもの
    という概念がありました。

    もちろん、彼も例外ではありません。
    しかし、そこで口にしたビールらしき酒は、
    今まで飲んでいたものとはまったく違ったのです。

    創業者「これは、なんていうビールだい?」
    店 員「エールだよ」
    創業者「こんなビールはじめてだ」
    店 員「あんたの国には、エールがないのか?
       That's too BAD!」

  • ビールのバラエティを
    日本でも広めたい。

    帰国後も衝撃のビールへの想いは止みません。

    そんな中、1994年、転機が訪れました。
    酒税法が改正され、小規模醸造が可能になったのです。

    念願叶って、1996年、
    ヤッホーブルーイングを設立。

    浅間山の麓に醸造所が建ち、
    真新しい仕込み釜、発酵タンク・・・

    いよいよビール造りが始まります。

  • よなよなエールの誕生

    創業メンバーのブルワー(醸造家)は海外でエールビールの勉強をし、日本に帰国後、ヤッホーブルーイングが目指す味わいに近づくまで何度も挑戦し続けました。

    カスケードホップの柑橘類を思わせる香りに美しい琥珀色、強めの苦味に深いコク。
    1997年、理想のビールの完成です。

    初めての自分たちのビールに付けた名前は
    「よなよなエール」
    日本でも夜な夜なエールビールが楽しんでほしい。
    そんな想いが込められています。

    発売後は、地ビールブームもあいまって
    「よなよなエール」は製造量を超える注文が入るほどに。
    喜ばしいスタートでした。

  • 8年連続の赤字のどん底時代とV字回復

    しかし、ものの3年でブームは崩壊。
    結果、業績はみるみるうちに急降下、
    8年連続赤字を記録。

    造っては売れていった日々は嘘のように、
    営業に行っても門前払い。
    何をやっても売れませんでした。

    どん底時代に力を注いだこと。
    それはビールの品質向上とネット通販でした。

    より美味しいビールを目指して歩みを止めず
    自分たちのビールを自分たちの言葉で伝え続けた結果、徐々にお客さまが戻り始めました。

  • 「夢は日本全国ドームツアーです!」

    あれから10年以上たった今も、
    創業当初から変わらぬミッションを持ち続け、
    ビール造りを続けています。

    それだけでなく、
    おかげさまでファンイベント「宴」や
    1000人規模の「超宴」を開催することも
    できるようになりました。

    よなよなエールを引っ提げて、
    全国のファンに会いに行く
    「ドームツアー」を実施するのが今の夢。

    ちょっとバカバカしいかもしれませんが、
    結構本気で考えていたりします。

始まりは海外のパブで出会ったビール。

ヤッホーブルーイングの始まりは、
創業者が海外に留学していたころ、
パブで何気なく注文したビールとの出会いから。
日本ではなじみのないビールを一口飲んだ瞬間、
彼は言葉を失いました

「・・・!!(う、うまい!)」

深い味わいを予感させる琥珀色、
グラス一杯に躍るクリーミーな泡、
放たれる香り、口に広がる華やかな味わい、
グビッといった後にも残る深いコク・・・。

これは本当にビールなのか?

"ビールらしき"
酒は今までのものとは全く違った・・・

日本でビールといえば、
のどごし、苦味、爽快感のある渇きを潤すもの
という概念がありました。

もちろん、彼も例外ではありません。
しかし、そこで口にしたビールらしき酒は、
今まで飲んでいたものとはまったく違ったのです。

創業者「これは、なんていうビールだい?」
店 員「エールだよ」
創業者「こんなビールはじめてだ」
店 員「あんたの国には、エールがないのか?
That's too BAD!」

「ビールのバラエティを日本でも広めたい。」

帰国後も衝撃のビールへの想いは止みません。

そんな中、1994年、転機が訪れました。
酒税法が改正され、小規模醸造が可能になったのです。

念願叶って、1996年、
ヤッホーブルーイングを設立。

浅間山の麓に醸造所が建ち、
真新しい仕込み釜、発酵タンク・・・

いよいよビール造りが始まります。

よなよなエールの誕生

創業メンバーのブルワー(醸造家)は海外でエールビールの勉強をし、日本に帰国後、ヤッホーブルーイングが目指す味わいに近づくまで何度も挑戦し続けました。

カスケードホップの柑橘類を思わせる香りに美しい琥珀色、強めの苦味に深いコク。
1997年、理想のビールの完成です。

初めての自分たちのビールに付けた名前は
「よなよなエール」
日本でも夜な夜なエールビールが楽しんでほしい。
そんな想いが込められています。

発売後は、地ビールブームもあいまって
「よなよなエール」は製造量を超える注文が入るほどに。
喜ばしいスタートでした。

8年連続の赤字のどん底時代とV字回復

しかし、ものの3年でブームは崩壊。
結果、業績はみるみるうちに急降下、
8年連続赤字を記録。

造っては売れていった日々は嘘のように、
営業に行っても門前払い。
何をやっても売れませんでした。

どん底時代に力を注いだこと。
それはビールの品質向上とネット通販でした。

より美味しいビールを目指して歩みを止めず
自分たちのビールを自分たちの言葉で伝え続けた結果、徐々にお客さまが戻り始めました。

「夢は日本全国ドームツアーです!」

あれから10年以上たった今も、
創業当初から変わらぬミッションを持ち続け、
ビール造りを続けています。

それだけでなく、
おかげさまでファンイベント「宴」や
1000人規模の「超宴」を開催することも
できるようになりました。

よなよなエールを引っ提げて、
全国のファンに会いに行く
「ドームツアー」を実施するのが今の夢。

ちょっとバカバカしいかもしれませんが、
結構本気で考えていたりします。

ビール造りBREWING PROCESS

原材料

ビールの主な原材料は「麦芽」「ホップ」「酵母」「水」。たった4つの原材料ですが、出来上がるビールの種類は無限大です。

仕込み

麦芽からビールのもとになる「麦汁」を造りだす工程。出来上がった「麦汁」に「ホップ」を加えビールに欠かせない香り・苦味をつけていきます。

発酵・熟成

出来上がった麦汁は冷やされ発酵タンクへ。
エールビールの特徴を生み出す「エール酵母」を麦汁に加え、発酵開始。アルコールと二酸化炭素が生み出され、いよいよ「ビール」になっていきます。

充填

美味しさそのままにお届けできるよう丁寧に充填していきます。
実は、日本初の缶入りクラフトブルワリー。創業から一貫して缶にこだわってお届けしています。

みなさまのお手元へ

お近くのコンビニやスーパー、YONA YONA BEER WORKSを始めとするパブ・レストラン、皆様のご自宅にお届け。色や香りをお楽しみいただくためにグラスに注いでお楽しみくださいね。

会社概要COMPANY

会社名
株式会社ヤッホーブルーイング
代表者
代表取締役社長 井手直行
設立
1996年
事業内容
クラフトビール製造および販売
住所

本社
〒389-0111長野県軽井沢町長倉2148

佐久醸造所
〒385-0009長野県佐久市小田井1119-1

佐久事務所
〒385-0009長野県佐久市小田井1077-14 アース精工様内

東京営業所
〒104-0062東京都中央区銀座1-11-1東京橋ビル

公式ソーシャルメディアSOCIAL MEDIA

採用RECRUIT

ビール文化を本気で変える知的な変わり者を募集しています。
ヤッホーブルーイングで働く醍醐味や採用に関する最新情報はこちらをご覧ください。

採用サイトへ

お問い合わせCONTACT

お電話でのお問い合わせ

お問い合わせ内容によって、連絡先が異なります。
お手数をおかけしますが、下記をご確認のうえ、お問い合わせください。
※営業時間 月曜~金曜 9時~17時(年末年始を除く)
※営業時間外のお問い合わせは、翌営業日に対応いたします。

インターネット通販をご利用のお客様
0120-28-4747
取材、メディア掲載に関するお問い合わせ
0267-88-6036
その他のお問い合わせ
0120-28-4747
卸・小売・飲食店のお客様
0267-66-1211
採用に関するお問い合わせ
0267-77-7295
採用サイトはこちら
ページトップへ