Loading...

お知らせNEWS

2017.7.7 [お知らせ, ニュースリリース, 意識調査]
クラフトビールに関する意識調査をしました~クラフトビールの認知は4割強~

ヤッホーブルーイングは1997年の創業以来、日本にバラエティ豊かなクラフトビールが楽しめる文化を創出することを目指しています。2017年7月7日の本日、主力製品である「よなよなエール」が発売から20年の節目を迎えることをきっかけに、この度日本におけるクラフトビールの浸透の現状を調査しました。

<調査まとめ>

★クラフトビールの認知率は42.9%と4割強。2~3年前に比べて認知する機会が増えていると答えた人は52.1%と5割を超え、ここ数年でクラフトビールの認知拡大につながる接触機会は増加している。

★クラフトビール飲用者では、2~3年前に比べてクラフトビールを飲む機会が増えた人は23.9%。機会が増えた要因は、スーパーやコンビニなど購入できる場所が増えたことや、クラフトビールを扱う飲食店が増えたことが挙げられた。販売・飲用場所が増えたことが飲用機会の創出に繋がっている。

★クラフトビール飲用者の今後の飲用意向は60.8%と6割を超えた。クラフトビールを認知し飲用経験がある人はクラフトビールの飲用継続率が高いといえる。

★これらの結果から今後も販売・飲用できる場所を拡大し飲用機会を創出することで、クラフトビールを継続的に飲用する人の増加が見込める。クラフトビール市場拡大に期待ができる結果となった。

>>調査結果はこちら

今度も、ヤッホーブルーイングは「よなよなエール」をはじめバラエティ豊かなクラフトビールの文化創出に取り組んでまります!
▼本日20周年!よなよなエール誕生祭特設ページもぜひご覧ください。
>>特設ページはこちら

 

ページトップへ