Loading...

お知らせNEWS

2018.10.23 [ニュースリリース]
クラフトビール常飲者の実態調査について

株式会社ヤッホーブルーイング(長野県軽井沢町)は、クラフトビール常飲者を対象としたクラフトビールの実態調査を実施しました。

ビール系市場全体の出荷量が13年連続で縮小する中、近年はクラフトビールがブームとなり、その出荷量は2011年から5年間で毎年平均120%の成長を続けています。首都圏を中心にクラフトビールを提供する店舗も広がり、店舗内にビールを製造する設備を併設したブルーパブと呼ばれる業態も増加しています。

クラフトビールの認知や利用が徐々に広がる中、今回はクラフトビール常飲者を対象に調査を行い、クラフトビールが支持される理由や、常飲者の実態について明らかにしました。回答からは、一般的に親しまれる従来の“ビール”にはない、バラエティ豊富なクラフトビールだからこそ感じられる魅力が見えてきました。

>調査結果はこちら

ページトップへ