Loading...

お知らせNEWS

2019.1.29 [お知らせ, ニュースリリース]
醸造部門責任者に加藤(なおG)が就任

「ユニットディレクター立候補制度」で決定
前任の森田(もーりー)は生産管理部門責任者に

2019年度の醸造部門の責任者である「ユニットディレクター(UD)」に、加藤直(ニックネーム:なおG)が就任しました。部門責任者を立候補で募集する独自制度「UD立候補制度」において加藤が立候補し選定されました。前任の森田正文(ニックネーム:もーりー)は生産管理部門の責任者に就任し、引き続きヤッホーブルーイングのクラフトビールづくりに携わります。

 

加藤 直(かとう なおし)
ニックネーム:なおG
醸し課(醸造ユニット) ユニットディレクター
2014年新卒入社。社長アシスタント、醸造、充填などに従事後、2018年に醸造部門「醸し課」UDに立候補し2019年度にUDとなる。「よなよなエール」をはじめとするクラフトビールの醸造や新製品の研究・開発を担当。料理の趣味が高じて、ビールに合うペアリング料理のレシピ開発や料理教室講師なども行う。

 

森田 正文(もりた まさふみ) 
ニックネーム:もーりー
プロスト(生産管理ユニット) ユニットディレクター
2008年新卒入社。製造系部門で主に醸造を担当し、2013年度より醸造ユニット「醸し課」のUD。世界最高峰のビール品評会「World Beer Cup」や「International Beer Cup」など数々のビアジャッジ(審査員)としても活躍。2019年度より、調達・生産計画等の生産管理全般業務を担当するユニット「プロスト」のUDとなる。

 

部門責任者の公募制度「ユニットディレクター立候補制度」
ヤッホーブルーイングのスタッフの階層は「社長」「ユニットディレクター」「プレイヤー」の3つのみです。部長職にあたるユニットディレクターは全て立候補によって決定します。年に一度プレゼン大会が実施され、若手からベテランの社員まで様々な立候補者が自ら立案した経営戦略や事業計画を全スタッフの前でプレゼンテーションします。スタッフからのアンケート等を基に次期ユニットディレクターが決定します。立候補する側も、プレゼンを聴く側のスタッフも、経営者の視点で全社の戦略を考える場となっています。

ページトップへ