Loading...

お知らせNEWS

2019.5.24 [お知らせ, 新製品, 軽井沢]
新製品『軽井沢ビール クラフトザウルス サマーホワイトエール』

軽井沢エリア限定クラフトビール「軽井沢ビール クラフトザウルス」シリーズの季節限定製品『軽井沢ビール クラフトザウルス サマーホワイトエール』を6月5日(水)より販売します。缶製品は軽井沢エリア限定で販売し、樽製品は軽井沢エリアの飲食店の他、数量限定で公式ビアレストラン「YONA YONA BEER WORKS」各店で販売します。

■ 高温発酵で引き立つ酵母由来のスパイシーな香り
 レモンを思わせるホップの香りと融合した複雑な香りの白ビール

レモンを思わせるホップの香りと酵母由来のスパイシーな香りが合わさった、複雑な香りが特徴のビールです。酵母のスパイシーな香りをより強く出すために、通常よりも高い温度で発酵させました。飲み口は小麦由来の酸味が加わることで飲み疲れすることなく軽快に飲み進めることが出来ます。暑い夏の日に屋外で飲んだり、家で魚介系の料理と合わせて飲んだりと、様々なシーンでお楽しみ頂けるクラフトビールです。

 

■ ビール氷河期に誕生した新ブランド「軽井沢ビール クラフトザウルス」

「地元軽井沢をクラフトビール王国にしたい」という想いから、新しいクラフトビール文化を提案するブランドとして、2017年に誕生しました。年々縮小するビール市場を”ビール氷河期”と例え、そこに誕生した新しいビールを「クラフトザウルス」という架空の生物で表現しています。
2017年に発売したフラッグシップの『軽井沢ビール クラフトザウルス 軽井沢ペールエール』は売上が好調で、軽井沢のスーパーマーケットのビール売上げでナショナルブランドのビールを凌ぐほどの人気商品となり、単品ではなく24本入りのケースで購入するお客様が増える等、昨年比約200%*で成長を続けています。今年4月には『軽井沢ビール クラフトザウルスブラックIPA』を発売し、軽井沢におけるクラフトビール文化の形成を進めています。⋆自社調べ(金額ベース)

 

■ クラフトビールシェア約3割 盛り上がる軽井沢市場

日本におけるクラフトビールはビール市場全体の約1%のシェアに留まるのに対し、軽井沢はクラフトビールのシェアが約30パーセント*に上ります。クラフトビールの本場であるアメリカでは同シェアが約24%であることからも、軽井沢にはクラフトビール文化が浸透する土壌があると私たちは考えています。「軽井沢ビール クラフトザウルス」が成長を続けていることも、それを裏付けています。軽井沢という土地から、季節やシーン、また食事によってビールを選ぶ文化をつくるべく、今後も個性豊かで先進的なビールづくりを続けてまいります。*自社調べ(金額ベース)

 

■ 軽井沢エリア限定製品 星野エリアやスーパーなどで販売

6月5日(火)から、軽井沢エリア限定で販売します。星野エリア「村民食堂」や、町内のスーパーやコンビニ、土産店他、各所でお買い求めいただけます。樽製品は軽井沢エリアの飲食店で販売する他、公式ビアレストラン「YONA YONA BEER WORKS」各店でも数量限定で販売します。

 

■ 製品概要

製品名 :『軽井沢ビール クラフトザウルス サマーホワイトエール』
原材料 :大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ、オーツ麦、小麦、オレンジピール、コリアンダーシード
ビアスタイル :ホワイトエール
容量     :350ml
アルコール度数:5.0%
賞味期限   :製造から5ヶ月
希望小売価格  :315円(税抜)
ブランドサイト: https://yohobrewing.com/craftsaurus/

ページトップへ