採用情報
Interview
02
#Fan
お客様は神様…ではなく、ファンであり仲間!
みんなで叶えたい「ビールに味を!人生に幸せを!」
実現への夢とファンコミュニケーション
ヤッホーブルーイングにとってファンの皆さんは、「メーカーと消費者」の関係にとどまらない友人・仲間のような存在です。「【ビールに味を!人生に幸せを!】というミッションを本気で実現させたい」と共感する、ファンによるファンのためのファンイベントがあるほど!
ファンの皆さんに支えられてきたヤッホーの歩み、私達が大切にしたいファンコミュニケーションを通じて結ばれる固い絆を、長年ヤッホーを愛する<る〜>との対談を通して、紹介していきます。
る〜
ヤッホー歴およそ15年のファン
ファン主催のイベント『ファン宴』の幹事メンバー
記事の後半から登場
採用サイト制作
新人プロジェクトチーム

Memo

イベントを通じてファンの皆さんとの絆を深める仕事を担っている「よなよなエールFUN×FAN団」をちょこっと紹介。そして、ファンの〈る~〉に直接インタビューさせていただき、ヤッホーを愛する理由や、「ファンによるファンのためのイベント」を開催した経緯を深堀しながら、ヤッホーブルーイングとファンの深い絆に迫ります。

最初に、ファンイベントを担っている「よなよなエールFUN×FAN団」のお仕事について、ちょこっと紹介させていただきます!

風変わりなユニット名「よなよなエールFUN×FAN団」の由来について
「よなよなエールFUN×FAN団」は、FUN(=好きになって)とFAN(=応援してもらう)という、2つの意味を含んだ名前です。口に出してみると、音もかわいくないですか?(笑)イベントを通じて、「もっとヤッホーのビールを深く知って、好きになってもらいたい!」という想いで活動しているチームです。

具体的に、どんな仕事をしているの?

北軽井沢のキャンプ場で、音楽や自然ビールを楽しむイベント『よなよなエール超宴』や、クラフトビールの製造工程を楽しく学べる『大人の醸造所見学ツアー』をはじめとした、さまざまなファンイベントを開催しております。 最近は、Zoomを活用した『よなよな月の道楽座』や、インターネットラジオ『空想ビアパブ』といった、全国どこからでも参加できるオンラインイベントにも注力しています(※2022年現在)。日本全国、時には海外にお住まいのファンの皆さんとも乾杯してつながることができるって素敵だなと感じます。

あらゆる垣根を越えて
「ビール好きの仲間」としてひとつになる幸せ

さて、ここで!ファンによるファンのためのイベント『ファン宴』の幹事を務めてくださった〈る~〉から、ファン目線の話をお聞きしたいと思います。〈る~〉の登場です、どうぞ~!

る~

あ、どうも、こんばんは!よろしくお願いします!

どうもどうも! よろしくお願いしますー!
さっそくですが、どうして「イベントを開催してみたい!」と思ったのでしょうか?

る〜

『ファン宴』は、今まで2回開催しました。1回目はファンの〈ryo〉が旗をふって「ヤッホーのスタッフに感謝する」をテーマに企画しました。私を含めて、18~20名ぐらいのファンが集まり、ゼロからイベントを考えていきました。

なるほどなるほど! ちなみに2回目はどんなテーマだったんですか?

る〜

第2回目の『ファン宴』は、「よな友をつくろう」がテーマでした。
この企画は、私が言い出しっぺ(笑)。実は、1回目の『ファン宴』の企画メンバーのうちの半分の人たちしか知らなくて……!
「もっとファン同士の横のつながりを増やしたいな」と思ったのがきっかけです

心あたたまる企画ですね!メーカーの人間としては本当にありがたく感じます。

る〜

いえいえ!こちらこそ、いつも美味しいビールをありがとうございます(笑)。
第2回『ファン宴』の当日は、私が司会進行を務めていたのですが、ヤッホースタッフの〈ジュンジュン〉なんてもう完全に酔っ払っていて。全然司会の話なんて聞いていないくらいリラックスしていましたからね(笑)。

そうでしたね(笑)。参加して感じるのが、「メーカーとお客様」という垣根を越えたつながりで、みんながフラット。「ビール好きの仲間」として一緒に楽しまさせていただき、幸せを感じました! ぜひ、開催に至るまでのことも教えてください!

る〜

当日はもちろん、企画段階も楽しかったです!大変だったけど、みんなでひとつのイベントをつくり上げた思い出は、心に強く残っています。「大人の文化祭」って感じ!
ヤッホーの東京オフィスをお借りして、打ち合わせをしたのが懐かしいです。
あっ! もちろんビール片手にですよ(笑)!

楽しんでいただけて、なによりです……!

る〜

「どうしたら盛り上がるか」「装飾はどうしようか」と考えて楽しくやっていましたけど、本気でした! 話がまとまらないときは、まとまらないし。分科会形式で、進捗確認しながら進めて、もはや仕事レベルの本気度(笑)。一般の方からお金をいただいてイベントに招くプレッシャーもありましたからね。
それでも最終的には「俺たち、ヤッホーが本当に好きなんだよ」と伝えたい気持ちが、プレッシャーに勝りました。企画メンバー全員が、それぞれの得意分野で個性を活かせたのもよかったです。手芸が得意な方がいたり、本業デザイナーの方がいたりして、小物や装飾もオリジナルで制作しましたからね!

イベント当日の、る~の司会スキルも相当なものでしたね! 何十人もの酔っぱらいを束ねるのは、大変ですからね!

る〜

いや~!楽しくやらせてもらいました(笑)。2回目のファン宴では、実際にファン同士のつながりもできました!「SNSでよく見かけていた、あの人か!」とか。
会場となった、よなよなエール公式ビアレストラン〈YONA YONA BEER WORKS 赤坂店〉のスタッフさんとも仲が深まりました。「ファン宴」で生まれたつながりが、今でも続いているんです。新型コロナウイルス拡大で直接会えない日が続く中でも。オンラインでみんなとつながって乾杯する「あちこち宴」をやってみたり。人との出会いは自分にとっても財産になっています。

「ヤッホーがきっかけで結婚しました」
協力が必要なら何でもやりまっせ、という気持ちです(笑)

〈る~〉にとって、ヤッホーブルーイングとはどんな存在ですか?

る〜

ヤッホーはクラフトビールの知識を広げてくれた。ビール仲間をつくるきっかけをくれた。「大人の文化祭」の体験もくれた。私にライフワークをくれた存在なんです。 まさか社会人になってから、本格的なイベントを運営する側に回るとは思いませんでしたけど(笑)。

そんな風に思ってくれているなんて、ありがたいです……! 私たちヤッホーブルーイングにとっても、ファンの皆さんは本当に大切な存在です。ビールを飲んで愛してくれることだけではなく、ファンの方同士の横のつながりをつくったり。力いっぱいクラフトビールを遊び尽くしている〝ミッションの体現者であり仲間〟ですね。
ファンの皆さんの姿を見て、「私も飲んでみようかな」と興味を持ってくれる人たちも沢山いるはず。ファンの皆さんの喜びと応援に、私たちスタッフもたくさん元気をもらっていますから!

る〜

ミッションの「ビールに味を!人生に幸せを!」という意味では、実は私、ヤッホーブルーイングがきっかけで奥さんと結婚していますからね(笑)!
一緒にクラフトビールを広めたいし、もっとヤッホーファンとつながりたいですね!

いやぁ、嬉しい話ですよね! ……そうそう、2020年の12月に開催したオンライン忘年会『よなよなエールの〆宴』という企画があるのですが、その二次会として『おかわり宴』という自由参加のオンライントークルームを立ち上げることにしたんですよね。実はこの『おかわり宴』って、〈る~〉たちのインタビューから立ち上がった企画なんです。

る〜

おかわり宴も面白かったですよね~! ファンもスタッフも一般の参加者も、みんながフラットで、少人数グループに分かれておしゃべりする。これからも、そんなドキドキ感を一緒に味わいたいし、なにかお手伝いできたら嬉しいですよ。

〈る~〉たち、ファンの皆さんの存在って私たちの大きな強み!

る〜

協力が必要なら、「なんでもやりまっせ!」っていう気持ちです(笑)。
そうそう、ふだん表舞台に立たないヤッホースタッフと飲んでみたいです! ビールに直接関わらない、裏方の仕事って絶対にあって、しかもミッションの実現には不可欠な仕事のはずです。その人たちの、姿や声にもふれたい。私自身がメーカーの購買部で働いていて、会社全体を見る立場だから、興味が湧くのかもしれませんが。

何だか、ヤッホーまるごと愛してもらえて嬉しいです! いい意味で消費者とメーカーの一線を越えていますね。

る〜

それで言うと、〈てんちょ〉の記事を読んで『ファン宴』の企画メンバーと議論していたりしますよ、業界の人を気取って(笑)。ファンがお熱を上げすぎて、そこまで議論しちゃうみたいな。「どうしたらヤッホーブルーイングって広まるんだろう?」と、ファン同士で考える時間も楽しいんです。

ヤッホーのスタッフと同じ船に乗って、真剣に考えてくれることがありがたいです。しかも、そんな風にワイワイ楽しんでくれているなんて。ヤッホーブルーイングは幸せ者ですね!

Profile

プロフィール
る〜
15年以上のヤッホーファン

『ファン宴』を主催する幹事メンバーを務め、ヤッホーが掲げるミッション「ビールに味を!人生に幸せを!」の実現に本気で愛と情熱を注ぐ大ファン。平日はビールとマラソンに愛を、休日はおいしい料理で家族に愛を送るサラリーマン。

Interview

その他のインタビュー

Entry

ヤッホーブルーイングのこともっと知りたい。
ご興味のある方は是非ご参加ください!
オンライン会社説明会&質問会に参加する